« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

バイヨーク・スカイ・タワー展望台

GR DIGITAL II
2日目最初の目的地はバイヨーク・スカイ・タワー
顔出しパネルで女の子が撮ってお母さんがモデル
右の柱が鏡なので写ってます
R0084502

右の建物の模型がバイヨーク・スカイ・タワー
R0084516

タイでは自転車はあんまり見なかったかも
とにかく暑いです
R0084517

展望台のお土産屋さんはダメダメ
タイでお土産買うなら空港が一番充実してるかな
R0084527

ここは撮影ポイントが多いですね~
R0084529

1枚目の親娘 こんどはお母さんが撮影
R0084553

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

バイヨークの街

GR DIGITAL II
2日目はタクシーでバイヨークへ
電線がすごすぎでしょ
R0084453

こんなところ...夜は絶対に歩けないなぁ
R0084454

とにかくパラソル広げればそこはお店
R0084457

この雑然とした雰囲気...ありえませんっ
R0084460

歩道も車道も無いし交通ルールはほとんど守られてません
R0084466

屋台ですらなくて...勝手に料理作って食べてる感じcoldsweats02
R0084470

| | コメント (2)

2011年5月29日 (日)

タイのモール

GR DIGITAL II
ワット・ポーのお土産屋さん
ここで休憩してホテルへ戻りました
R0084421

ホテルと直結してるモール 毎日お世話になりました
R0084427

モール内のスーパー さすがに南国はフルーツいっぱい
R0084436

ここは特殊かもしれませんけど...
いろんな国の食材やお菓子売ってました~
R0084437

本屋さんも1文字も読めない本だけじゃなくて...
意外に英語の本とか置いてありましたね
R0084438

これが今回お世話になったホテルのロビーhotel
さすがに落ち着いた雰囲気
R0084443

| | コメント (2)

2011年5月27日 (金)

涅槃仏

GR DIGITAL II
ワット・ポーと言えば涅槃仏
カメラを傾けたわけじゃありません
お花の向きが上向きで涅槃仏は寝てますlovely
悟りを開いたところを表現しているとか
耳も大きくて長い
R0084369

全身金色 ありがたいお姿です~happy02
R0084371

でも一番人気は足の裏 大人気!!coldsweats01
R0084379

足の裏は曼荼羅みたいになってるんですね~wobbly
それにしても巨大ですっ
R0084390

背中側ではコインを壺に入れて歩いていきます
ちゃんと1個ずつ入れたはずなのに最後は大量に余りましたcoldsweats02
R0084406

そしてこれが後頭部
枕は2段重ねなんですね~
R0084412

"トラックバック企画「輝き」に参加"

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

ワット・ポーの仏像

GR DIGITAL II
ワット・ポーは室内でも撮影OKcamera
ありがたいお姿を撮り放題
右奥の別の部屋にも仏像
R0084332

タイではお猿さんと象さんの像も多いです
R0084336

大きいっwobbly
タイには地震が無いから倒れる心配ないらしいです
R0084342

木をバックに座ってるのもいいですね~happy01
R0084347

それにしてもこの寺院だけで何体の仏像がーっ
R0084348

お坊さんの集団発見! 修学旅行かな
タイのお坊さんにとってもここは特別です
実は左にお目当てのアレがあります
R0084361

| | コメント (2)

2011年5月25日 (水)

ワット・ポー

GR DIGITAL II
王宮を出て街を歩きます
えーと国防省かな
R0084277

測量局って国土地理院みたいなものかな
R0084285

そしてここが次の目的地ワット・ポー
王宮に隣接していて超有名な寺院です
R0084291

中国風な彫刻
R0084295

たくさんの尖塔がタイらしいですね~
R0084305

意外に広くてちょっと迷子状態
R0084308

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

宮殿

GR DIGITAL II
エメラルド寺院の南側は王宮施設
これは国賓の方々がお泊りする迎賓館です
このあたりは銃剣を持った兵士さんが警備してます
R0084221

これはラマ5世がお住まいになってた宮殿
京都御所みたいな感じかな
3階まではヨーロッパ風
でも最後にタイ様式にこだわったそうです
R0084240

暑い中記念撮影に応じる兵士さん
応じるっていうか勝手に撮られてます
R0084242

ここも彫刻や細工は素晴らしいです~
R0084249

庭園の手入れもすごいです
タイでは手入れしないとすぐにジャングルになってしまいます
R0084253

こちらは中で寝台や輿を展示
基本的にタイでは建物内部は写真撮影禁止です
R0084258

| | コメント (2)

2011年5月23日 (月)

やっぱりタイ

GR DIGITAL II
エメラルド寺院のエメラルドグリーンはこのアングルだと分かりやすいですね
寺院での記念撮影はもちろん手を合わせるワイのポーズ
R0084170

この観音様も大人気...とガイドの機械は言ってました
R0084177

王宮内ですけどエメラルド寺院の門から出たところ
ここはまたちょっと雰囲気がちがいます
R0084190

ヨーロッパ風...でもやっぱりタイです
R0084195

元に戻ってエメラルド寺院の中
観光客のみなさんが座ってるところは実はお祈りをするところ
R0084209

これでエメラルド寺院を一周してきました~
R0084214

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

エメラルド寺院

GR DIGITAL II
タイの鬼神は仁王様とちがってちょっとお茶目
一生懸命支えてる姿がかわいいです
R0084102

当然記念撮影もこのポーズhappy01
R0084123

こちらのゲートにいるのはピンクとグリーン
R0084129

さすがは王宮です なんという神々しさhappy02
R0084145

ドアの回りも半端じゃありませんっ
R0084117

壁も床も天井もものすごい凝り方ですwobbly
R0084158

"トラックバック企画「色」に参加"

| | コメント (2)

2011年5月21日 (土)

トラックバック企画「色」に緊急参戦

GR DIGITAL II
バンコク編の記事が続いてますけど...
トラックバック企画「色」に緊急参戦
最初はルンピニ公園
5月は新緑の一番いい季節と思ったんですけど...
バンコクは常夏でした~coldsweats01
R0083961

夏らしい青空の下にタイの王宮
寺院の多いバンコクでもここだけは特別ですhappy01
R0083991

王宮は別名エメラルド寺院
この写真で注目は金色の細工やお坊さんのオレンジだけでなく...
真ん中辺りのエメラルドグリーン
寺院全体に中国製の陶器のタイルが貼ってあってこの色に見えるんです
R0084139

バンコクの仏像と言えばこれ涅槃仏
このお姿は絶対に見逃せませんっ
表情も全身の金色もステキです~lovely
R0084367

ワット・ヤイ・チャイモンコン
たくさんの仏像が並んでいます
ちゃんとオレンジの袈裟をかけてもらってますconfident
R0085686

ワット・マハタートwobbly
ビルマ軍に破壊されて頭のない仏像と瓦礫が残っているだけですけど...
建立から600年以上の時間の経過でこの色になりました
R0085810
"トラックバック企画「色」に参加"

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

鬼神

GR DIGITAL II
赤い屋根が王宮を囲む壁
その内側に4箇所のゲートを守る8体の鬼神が立ってます
狛犬やシーサーや仁王様もみんな同じですけど...
普通は門の外に立って敵が入らないように外側を向いてます
でもここの鬼神は王様を守護するため内側に立って内側を向いてるんです
これが昨日の記事で書いた変なところの答えですwink
R0084052

Phra Sri Ratana Chedi
ものすごい金色 日光を反射してまぶしい~bearing
これはタイらしいけどシンプルな形です
R0084053

タイらしい建物はとにかく細工がスゴイです
手前の象さんもいい感じgood
R0084064

そして奥の建物も近寄ってみるとさらにスゴイlovely
圧倒されます
R0084077

これはアンコールワットの模型 かなり精巧
以前はカンボジアではなくタイが所有してたんだそうです
R0084074

何気ない柱や彫刻も全部素晴らしいですっ
R0084098

| | コメント (4)

2011年5月19日 (木)

タイ王宮

GR DIGITAL II
ホテルで体力を回復したら着替えて...
午後は最初からタクシーに乗って王宮へ
チケット売り場はずっと奥
ここは服装検査してるところです
膝やくるぶしや肩の出る服装はNG
そういう人はここで服を借りないといけません
R0083986

さすがは世界的に有名な観光地
アジアだけでなくヨーロッパの方々も多かったです
R0083994

入り口を入ったところ
座ってるのはタイの薬やハーブの父の像
R0084016

真ん中が入り口 ここからみなさん入場します
でもちょっと変じゃないですかsign02
何が変なのかは明日の記事で書きます
日本語ガイドの機械に言われるまで気がつきませんでした
R0084018

午前中で暑さは分かってましたけど...
日本から傘や扇子を持ってこなかったのは失敗でした
R0084029

王宮を囲む壁の内側はまるで美術館のような回廊happy02
タイの歴史を物語る超一級の絵画が延々と続きます
R0084040

| | コメント (2)

2011年5月18日 (水)

ルンピニ公園

GR DIGITAL II
1日目最初の目的地は朝のルンピニ公園
バンコクで最大のまったり公園です
R0083940

木陰がうれしいです
っていうか直射日光の下にいるだけで体力がどんどん失われますcoldsweats02
R0083944

タイって宮古島や香港よりちょっと南くらいのイメージだったんですけど...
シンガポールに匹敵する完全常夏の国
外を歩くときは傘と水が必需品ですsweat02
R0083954

バンコクにこういう遊具は他にありませんでした
R0083968

いい公園ですね~
ただもう日本人には死にそうな暑さですweep
画面中央奥のあたりがホテル 確かに歩いて5分の距離
R0083969

あんまり寄り道せずにホテルの方向に向かって歩きました
熱中症になったかと思うくらいふらふらで部屋に到着bearing
すぐにシャワーを浴びて水分も補給
何も持たずに外を歩く危険さを思い知りましたcrying
R0083970

| | コメント (2)

2011年5月17日 (火)

朝のバンコクでお散歩

GR DIGITAL II
バンコクのホテルの部屋からの眺めはこんな感じ
近くは大使館も多い高級住宅街だから屋上プールありますね
でもけっこうごちゃごちゃしてます
R0083885

歩いて5分の公園を目指したらまちがって駅に到着
そもそもこの道を歩き始めた瞬間から違ってましたsad
R0083900

これはBTSというスカイトレイン
なかなか近代的なシステムです
R0083907

うろ覚えで降りた駅がちがってたし道を歩いて引き返して迷って...
ガイドブックを持たずに出たのが完全に失敗でした
ここはパッポン通りという夜の歓楽街っぽいところ
R0083923

なぜバンコクに日本の有名恐竜が...
R0083925

やっと目的地の公園に到着
歩いて5分のところに電車使って1時間かかりましたcoldsweats02
R0083927

| | コメント (2)

2011年5月16日 (月)

目的地空港に到着

GR DIGITAL II
無事に目的地空港に到着
え~とこっちでいいのかな
R0083836

一番上の文字が全く読めませんっwobbly
R0083846

入国審査は簡単あっさり
税関も申告が無いので素通り
ここが到着ロビー
R0083849

これからタクシーに乗るところです
R0083855

タクシーから何枚も撮影car
道路はけっこう揺れます
高速を降りてからはさらに狭くて怪しい道を進みました
R0083858

日付が変わった頃にホテルにチェックイン
今回は今までで2番目か3番目にいいお部屋です
R0083871
というわけで今回の旅行先はタイのバンコク
一度来たかったんですよ~happy01

| | コメント (2)

2011年5月15日 (日)

ゴールデンウィークの成田空港

GR DIGITAL II
震災その他により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます
また被害を受けられた皆さま、そのご家族に、心からお見舞いを申し上げます
年末のシドニー旅行からいろんなことがありました
そしていろいろ考えましたけど...結局成田空港airplane
ゴールデンウィークなのにガラガラ
エコノミーなのに全く並ばずにチェックイン
R0083758

時間が余ったのでまた展望台へ
右にアメリカン航空機
左はカンガルーマークのカンタス航空機
乗ったことある便なのかも
奥には鶴マークの日航機も見えてます
R0083784

お店もかなりガラガラ
本当にこれがゴールデンウィークの成田ですか~wobbly
R0083791

簡単に食事してセキュリティチェックも出国審査もあっという間
ゲートへの通路も人がいません
R0083797

右端が搭乗機 奥はお隣のゲートのロサンジェルス行き
R0083806

いよいよ離陸するところ この後は電子機器OFF
せっかく窓際の席なんですけど...
雨が降ってて雲で視界はダメダメ
そして雲の上は...夜間飛行でしたcoldsweats02
R0083830

| | コメント (2)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »