« 宗谷 | トップページ | 羊蹄丸からの展望 »

2009年9月 4日 (金)

羊蹄丸

GR DIGITAL II

羊蹄丸っていうのは...青函連絡船のことです
かなりリアルにしゃべって動くお人形がお出迎え
R0066883
まぁこれくらいは普通でしょ
問題はここからですcoldsweats01
船の科学館本館と宗谷の流れとは全然ちがいます

いきなり昭和30年代の青森の街にタイムスリップ
R0066887

蓋を開けるとリアルな湯気 凝ってます
R0066894

本物を知らないんですけど...張り紙とかすっごいリアル
R0066895

駅の待合室らしいです 窓の雪とかスゴイ
R0066899

左の乗組員の方が出発の鐘を叩いてるところ
右は別れを惜しみつつ船に乗ってる女の人
R0066903
船の科学館っていうか...シュール過ぎでしょ!!wobbly

|

« 宗谷 | トップページ | 羊蹄丸からの展望 »

03東京」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

羊蹄丸の中、これかなりリアルですね^^
船の科学館なのに、何故その時代背景みたいなのを展示してるんですかね?
船オタクの人が見たら、ガッカリするのではないかな~?

投稿: masa+ | 2009年9月 6日 (日) 00時16分

masa+さんこんばんわ~
青函連絡船がもうなくなっちゃったからでしょうか
それとも南極観測船とちがって船に特徴があんまりなくて見せるところがないのかも
とにかくシュール、そしてムダにリアルなんです
しかもこの羊蹄丸...なんと羊蹄丸だけならタダで入場できます
お台場に来る機会があったらぜひどうぞ~

投稿: yo | 2009年9月 6日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宗谷 | トップページ | 羊蹄丸からの展望 »